academic

人工知能による自動運転

ルクセンブルク市にあるパノラマ・エレベーターで降りた谷底の地区から、現在、運転手がいない自動運転車による定期運航が、新しくできたキルヒベルク地区の駅下を通って、近くの墓地まで運行されています。おそらく、公道での自動運転車による定期運航プロジェクトは世界でもまだ珍しいと思います。電気自動車で、ハンドルがなく、運転手もいませんが、モニターしているオペレーターが1人乗車しています。

「人」コラム ‐ ルクセンブルクの横顔 第30回:マーク・シェーファーさん(Mr. Marc Schaefer) ― 後編