culture

ロックコンサート

穏やかなルクセンブルクでもロックコンサートがあります。私が知っている限りでは、駅の近くにライブハウスがありダークネスなどが公演しましたが、南の都市Esch-sur-Alzette(通称、エッシュ)にあるRockhalという会場が比較的大きなホールです。製鉄所跡の近くにあり、大きいといっても至近でステージを観ることができ、基本的にはオールスタンディング。公演はアイアンメイデン、ジューダスプリースト、TOTO、スコーピオンズ、などなど。人気のバンドのチケットは即完売になります。米国と違って聴衆は大人しく、「聴く」というスタイルでビールやピザを買いに会場を出たり入ったりしています。スタンディングですので途中で抜け出すとその場所が奪われてしまいそうですが、空いた空間を詰めるようなことはありません。もちろん曲に合わせた「おしくらまんじゅう」のようなこともありません。
このEsch-sur-Alzetteはフランスの国境の市ですがドイツからも高速道路を使えばさほど遠くなく、駐車している車のナンバーをざっとみるとドイツナンバーが多いように思います。さすが、ジャーマンメタルのDNAはいまだに健在、ということでしょうか。唯一の難点は、聴衆の背丈が高く、ホールには傾斜がありませんので、身長180センチの私でも後方に陣取ると見えずらいことと、コンサート後は気分が高揚し帰りの車の運転が荒っぽくなることです。

「人」コラム ‐ ルクセンブルクの横顔 第30回:マーク・シェーファーさん(Mr. Marc Schaefer) ― 後編