culture

日本の彫刻家「新宮晋展」

中国系アメリカ人建築家イオ・ミン・ペイの建築で有名なルクセンブルクのジャン大公現代美術館(MUDAM)で、2019年1月6日まで、風や水で動く彫刻を得意とする日本の彫刻家である新宮晋の作品展が開催されています。屋外展示では、風で動く彫刻が、屋内展示では水で動く彫刻などが見学できます。MUDAMのホームページでは、日本語による美術館の概要説明もなされています。http://www.mudam.lu/fr/japanese/
美術品の展示以外にも各種のイベントが開催されており、11月10日、11日の週末にはダンスのパーフォーマンスも開催されます。

「人」コラム ‐ ルクセンブルクの横顔 第30回:マーク・シェーファーさん(Mr. Marc Schaefer) ― 後編